忘れられない味

 子供が作ってくれたクッキー。

サクッとはしてない、ちょっとしんなりしてるクッキー。

とても美味しくてまた食べたいと思ってもあの絶妙なしけった感じのクッキーはどこにも売っていません。私も誰かにお菓子を作りたいと思い作る機会があります。思った味にならないと悔しくて、渡せなかったり、言い訳をしながら渡すことをしてきました。でも本当にしみこむのは心。食べ物は心を届ける運搬係。

 

 親と会う度に、言葉がぶつかり合い、お互い不快な気持ちになっていました。でも、言葉を食べ物達に、運んでもらうようにすると、どんどん、お互い解け合う時間が増えてきました。

食べ物は世界中に、また過去から、今、未来に想いを運んでくれます

食べ物に携われる仕事と出会えたことを嬉しく思います

明子

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

トラックバックURL:
http://agro-philosophy.com/blog/fukui/%e7%94%9f%e3%81%8d%e3%82%8b%e6%84%8f%e5%91%b3/trackback/