パズル

二つの棒がクロスしているパズル

それが二つに外れる

 

赤ちゃんでもできる!といわれました

 

どんな仕組みか・・・どれだけ外そうとしても外れません

 

 

 

赤ちゃんでもできる ということは力ではない・・・・

自分でやり遂げた!と思うものが今まで特にありませんでした 何か自信になることが欲しいと思っていたのでなんとかあきらめずにこのパズルはクリアしたいと思いました

 

単純なパズル  出来ることは限られます 回しても、振っても、揺らしてもとれません。

 

ある日 机からころっと落ちたパズル

ずっと外せなかった棒が二つに外れていました!

 

落とすと外れる仕組みでした

 

自分でどうこうしようとしなくても、熟した実が自ら落ちるように、出来るときは自然に出来るということを学びました

できなかったことができたことはとても嬉しいです

自分は何をしたわけではありません

ただ自然に落ちたパズルと出会った そのことが私に大きな自信と喜びを与えてくれました

自分が出来るとか、出来ないということは関係なく ただ自然の流れの時か、まだ時でないかそれだけのことなのかなと思いました

 

熟したパズルと出会えて嬉しかったです

 

明子

 

コメントを残す

トラックバックURL:
http://agro-philosophy.com/blog/fukui/%e3%83%91%e3%82%ba%e3%83%ab/trackback/