とろろ昆布

塩物語 003

先日とろろ昆布の工場見学に行かせて頂きました。酢漬けにした昆布を何十枚と重ねます。それを圧縮させ薄く削ったものがとろろ昆布。あのシマシマ模様は重なった昆布ということを知り驚きました。元々は、かびた昆布を何とか活かそうと薄く削ったことがとろろ昆布の始まりだそうです。 イノチを活かそうという想いは新しい歴史の始まりにつながるのかと思いました。  とろろ昆布の誕生を知ることができ、今まで以上にとろろ昆布を愛しく思うようになりました。  他の成り立ちを知ることが愛しい日々につながるのかもしれません。

明子

コメントを残す

トラックバックURL:
http://agro-philosophy.com/blog/fukui/%e3%81%a8%e3%82%8d%e3%82%8d%e6%98%86%e5%b8%83/trackback/